銀行ローンの大事なことについて


Share on Facebook

多くの皆さんが越えなければならない一つの壁がローンの審査です。
ジェイ石田アソシエイツでは、ご希望が多いために銀行ローンの対応もさせていただいております。特に信頼をいただいている数社の銀行では、ご紹介もさせていいただいて、審査もよりスムーズに、また金利面や借り入れ方法でのメリットがある場合もありますので、まずはお知らせしておきます。

◆さて銀行ローンの審査の流れは、下記の通りです。要注意です!
基本的には、建てる土地を見つけてからの審査になりますが、ご自分の場合にはどうなのか?は、個々にご相談ください。

A)事前審査(仮審査)
事前審査では購入物件の担保価値と住宅ローンの借り入れ希望額の釣り合いが取れているか、ローン申込人はちゃんと資力のある人物かどうかを審査します。でも甘く見てはいけません。不動産屋さんのペースに乗ってもダメです。後で困ることになる場合があります!
*)プラン(間取り図)と建設見積書を作り、内容を確認しておくことが無難です。

B)本審査
銀行内の事前審査に通ると今度は信用保障会社の本審査に入りますが、
銀行ローンの本審査は事前審査よりも厳しくなります。事前と同条件で本審査を受ければ、ほぼ通ります。
(但し、工事費などを増額などをした場合や建物面積を減らした場合には通らないこと も出てきますので注意して下さい。)

本申し込み時には、印鑑証明書や住民票、課税証明書の原本といった公式書類をいくつか集めなければなりません。また、建物関連の資料としては、間取り図、見積書が必要になります。

ここで重要なのが、先に説明しました建物の面積です。面積が減るとローン総額が減ってしまいます。実際に300万円程減じられたことがありました。一方、面積が増えた場合ではどうかと言うと、ローン額が増えません。まったく不合理ですが、銀行の都合です。残念。

なので事前審査時にある程度のプラン(間取り図)を作り、見積書を確認しておくことが大事です。簡単に優しい不動産屋さんの言う通りすると問題になるケースがよくあります。それでご一緒に土地探しの時点から全体資金を考えながら進めることが安心の入口になるのです。私達チームは、この辺りのキャリアやノウハウがありますのでご安心ください。また、各銀行へご自分でローンセンターに問い合わせることができますし、その方がしっかり把握できますので知っておいてください。くれぐれも不動産屋さんペースにならないように祈っております。

C)決済(スケジュール通り支払い可能になることを意味します)・・・やれやれ、やっとお金が支払えます。

以上が簡単な流れです。

◆銀行ローンの審査は、どのようなところをチェックするの?

(1)勤務先・勤務形態・勤続年数

(2)銀行ローンの返済負担率

(3)銀行ローン以外の他の債務や返済履歴、

(4)土地・建物の担保性

(5)建物設計者や施工者の信頼度・・・・取りまとめをする者が心配でもマイナスです。

などを銀行ローン審査ではチェックします。

(1)勤務先については大企業と中小企業とでは延滞確率に差があるため、会社規模も銀行ローンの審査項目に入るようです。勤務形態は、原則正社員が求められますが、最近では派遣社員や契約社員でも定期収入があれば大丈夫な銀行ローンもありますので(但し、銀行ローンの金利が高めに設定されていることがあります。)
勤続年数は、一般的に2年以上とするところが多いようです。

(2)銀行ローンの返済負担率とは年収に対する年間返済額の割合で、

年間銀行ローン返済額÷年収 で計算します。

各金融機関によって銀行ローンの返済負担率の基準は違いますが、大体30%以内になっているようです。
※(現在返済中の銀行ローン、マイカーローン、教育ローン、カードローンなどの銀行ローン以外の他の借入れがあればその返済額も年間返済額に含めて計算されるということです。)
銀行ローンの審査用に金利の上昇を見込んだ上で決める銀行ローンの審査金利で計算されます。
(全期間固定金利で申し込んだ場合は、店頭で発表されている銀行ローンの金利で計算されます。)
この辺は、各銀行にお聞き下さい。

(3)申込者の過去の銀行ローンなどの債務の返済履歴や延滞歴、銀行ローン以外も含む他のローンの借入残高などを照会し、考慮の上銀行ローンを貸し出すかを審査されます。

以上ですが、ローン返済で無理をして大切な趣味を我慢することは避けたいでしょうから、どうぞ早めにご相談ください。結局、いかに事前に準備して、把握して進められるかが、全てを無難に、そして安価になるかの大きな違いになることが多いので、よくご検討ください。

過去に下記のような場合も対応いたしました。

・叔母の土地に家を建てたいが住宅ローンが可能ですか?
・土地の接道に問題があるのですが、建設可能ですか?
・父の土地に家を建てたいが、相続税が心配です。何か良い方法があるのですか?
・銀行の金利がいろいろあってどこが無難なんですか?
・借地権の土地に建て替えをしたいのですが、ダメでしょうか?
・賃貸住宅併用の住宅を建てたいのですが、事業計画や銀行の面倒もみてくれるのですか?

◆ホームページトップへは、こちらまで: ジェイ石田アソシエイツ 公式サイト
ご相談・お問い合わせは、こちらからでも ジェイ宛でOKです。: ジェイ相談室
横浜 鎌倉 逗子 湘南 神奈川近郊で 建築家による注文住宅を高い安心感で叶えたい皆さま、困っている皆さま、土地選定で不安に思っている皆さま、どうぞご相談ください。

コメントは受け付けていません。



公式ホームページに戻る
www.j-ishida.co.jp/
公式ホームページへ